GMOクリック証券 | ETF投資とネット証券選び

ETF投資をするなら、証券会社に口座を作る必要があります。ここでは、ETF投資を主眼に置いた上でのおすすめの証券会社を徹底比較していきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

GMOクリック証券

GMOクリック証券は主要ネット証券の中では、手数料の安さが注目されるネット証券です。国内ETF購入時における手数料の安さではNo1(100万円購入時)となっています。その一方で、貸株サービスなどのサービス面はやや弱いところがあります。投資信託自体の取り扱いもありませんので、どちらかと言えば「短期売買主体」のネット証券であるといえます。

>>GMOクリック証券の評判・詳細情報はこちら(手数料・取り扱い商品など)

 

ETF投資と証券会社比較早見表

  ETF売買手数料 海外ETF 貸株サービス フリーETF
SBI証券 487円 ○ 26.25ドル ×
カブドットコム証券 990円 ×
楽天証券 609円 ○ 26.25ドル × ×
マネックス証券 1000円 ○ 0.4725% ×
GMOクリック証券 400円 × × ×
松井証券 1000円 × × ×

※売買手数料に関しては100万円のETFを売買した時にかかる手数料を表示しています
※松井証券のみ手数料体系が1日定額制手数料となっております。
※海外ETFにおける金額は海外ETFの売買手数料です。