ETF投資用語集

ETF投資や関連用語について解説していきます。売買に対する疑問の他、投資情報や参考情報などを調べる時もETFに関する言葉を知っておくだけでもずいぶん調べやすさや理解度が変わってくるはずです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

板(いた)

板(いた)とは、気配値とも呼ばれるもの。現在の売買注文状況を示している。売り買いの価格と、それぞれの売買したい数量が示されており、これを見ることで、現在どの程度の買い注文(売り注文)が入っているのかを知ることができる。

また、現在の買い注文や売り注文を出した場合もいくらくらいで値段が付くかの想定を付けることもできる。ETFについてもこの板で売買注文を確かめながら売買をすることができる。
なお、この板にある売買注文同士を付け合わせて、取引を成立させることを「板寄せ」という。

一方、一般的な投資信託の場合はリアルタイムな取引ができないため、ブラインド方式と呼ばれる形で売買注文が行われる。

 

参考サイト
より理解を深めるためには下記のサイトもお勧めです。
板(気配値)の見方
板寄せ方式とは

 

用語一覧