ETNとは何か?

ETF投資講座ETFの基礎知識>ETNとは何か?

ETNというものをご存じでしょうか?ETFと大変よく似た商品で、ETFと同様に指数等に連動し、株と同じように売買できる商品です。ETNは債券の仕組を活用したETFと類似した商品性を持つ投資商品です。ここではETNのしくみやETFとの違いを説明していきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ETN(Exchange Traded Note)

ETNとは、上場債券、上場投資証券などと呼ばれる有価証券の一種です。noteとあるとおり「債券」の一種です。ETFと類似しており、下記のような特徴があります。

・証券取引所に上場している
・価格がリアルタイムに変動し、株と同じように売買できる
・特定の指数や指標と連動する

ほとんどETFと同じような仕組みになっています。ただし、異なる点があります。それは

・資産の裏付けがない

という点です。ETFというのは投資信託であり、たとえば日経225(日経平均)に連動するETFの場合は、日経225銘柄に実際に投資して保有しています。
しかしながら、ETNはそれを発行している発行体が、連動を保証しているにすぎないわけです。そのため、万が一発行会社が破綻した場合は、元本が戻ってこないリスクがあるわけです(信用リスク)。

ただし、その一方で「トラッキングエラーが生じない」というメリットもあります。

トラッキングエラーとは、ETFの場合に生じるもので、ETFは現物資産を持つゆえ、指数に連動させようとしてもずれが生じてしまします。たとえば端数部分など。
一方でETNについては発行会社がそれを連動を保証しているわけですからトラッキングエラーは生じないことになります。

 

ETFでは難しい商品もETNなら可能

ETFの場合、現物資産を保有するという形になりますので投資することが難しい現物資産にも投資できます。

たとえば外国人には解放されていない新興国株式や実際に実物資産を保有すると劣化が生じる大豆やトウモロコシといった穀物、デリバティブ系の商品などが挙げられます。

こうした商品への投資にETNは優れています。
実際に欧米においてはETNはETFに次ぐ上場投資商品として取引量が増加しています。