ETFを選ぶポイント

ETF投資講座ETF投資の始め方>ETFを選ぶポイント

投資するETFをどうやって選ぶかについてですが、基本的には「どの指数に投資をするか?」ということをまず決める必要があります。その中で複数のETF銘柄がある場合は出来高などを参考にどれに投資をするか決めます。ここでは投資対象ETFの選び方を解説します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

投資するETFを選ぶ

具体的にどのETFに投資をするのかを決める場合は、基本的に「どのベンチマークに対して投資をするのか?」というところから考えるのがよいかと思われます。

そもそも「ベンチマーク」というのはETFが連動するように目指している指標です。
たとえば、1321:日経225連動型上場投資信託(野村アセットマネジメント)は日経平均株価(NIKKEI225)というベンチマーク(指数)に連動するように作られています。

もし、日経平均を買いたい(売りたい)と思うときはこの日経平均をベンチマークとするETFを売買すればいいわけです。

ちなみに、日本国内の株価指数に投資をしたいという場合「国内株式ETF」に記載しているような各種指標(ベンチマーク)に投資をすることができます。

 

まずは日経平均、TOPIXのETF投資を考える。

はじめてのETF投資で考える投資対象としては日経平均株価やTOPIX(東証株価指数)などが取っつきやすいかと思われます。

日経平均連動ETF

銘柄コード ETF名 出来高 最低売買額 信託報酬
1320 ダイワ上場投信-日経225- 15557 1口単位 0.231
1321 日経225連動型上場投資信託 176,834 1口単位 0.231
1329 iシェアーズ日経225 500  10口単位 0.315
1330 上場インデックスファンド225 52,100 10口単位 0.2363
1346 MAXIS 日経225上場投信 34,660 1口単位 0.1785

>>日経平均株価(日経225)とETF

 

TOPIX

銘柄コード ETF名 出来高 最低売買額 信託報酬
1305 ダイワ上場投信-トピックス- 18,280 10口単位 0.1155
1306 TOPIX連動型上場投資信託 1,308,560 10口単位 0.1155
1308 上場インデックスファンド TOPIX 64,900 100口単位 0.2363
1348 MAXIS トピックス上場投信 8,870 10口単位 0.0819

>>TOPIX(東証株価指数)とETF

 

これだけあります。基本的にはどれを選んでもそれぞれの日経平均やTOPIXに連動するようになっています。ポイントは出来高最低投資単位です。出来高が少ないETFは価格がベンチマークと連動しにくくなり乖離が生じやすくなります。 また、最低投資単位が小さいほど、より少額で投資ができます。

最後に「信託報酬」についてですが、これはファンドの年間手数料のようなものです。小さいほど、投資家にとって有利となります。

参考
信託報酬とは?(外部サイト)