証券会社に口座を作ろう

ETF投資講座ETF投資の始め方>証券会社に口座を作ろう

まず、ETFを売買するためには「証券会社」に口座を持つ必要があります。証券会社というのは株式の売買注文などを仲介する会社で、株やETFを売買するためには少なくとも1社の証券会社に口座を持つ必要があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ETF投資をするには証券会社の口座が必要

普通の投資信託に投資をする場合、銀行でも投資できますが、ETFの場合は証券取引所を通じて売買する形になるため、証券会社に口座を開設するのが必須になります。

すでに証券会社に口座をお持ちの方はこのページは読み飛ばしてもらって結構です。ここでは証券会社への口座開設の手順などを解説していきます。

 

証券会社を選ぶ

まずはどの証券会社に口座を開設するのかを選びます。管理人個人的には取引手数料の安いネット証券をおすすめしています。
具体的な証券会社の選び方については当サイト内の「ETFとお勧めネット証券」のコンテンツや「証券会社比較ランキング(外部サイト)」などの比較サイトをご参照ください。

 

証券会社に口座開設の手続き

ネット証券の場合、ほとんどの手続きはネット上で行えます。また、口座開設にあたって費用が発生することもありません。

1.ネット証券の公式ホームページ上で口座開設手続きor資料請求
2.必要な情報をネット証券ホームページ上で入力
3.資料が送られてくるので、捺印・必要書類(免許証のコピー等)を添付して返送
4.数日~2週間ほどで口座開設手続きが完了

おおむね上記のような流れとなります。

 

口座開設後、入金する

証券会社に口座を開設したあとはその証券会社の口座に投資資金を入金する必要があります。ほとんどのネット証券では、証券会社のサイトから銀行口座を通じてのリアルタイム入金が可能になっています。手数料も無料です。

これですべての環境が整います。あとはいつでもETFの売買注文を出すことができます。